FC2ブログ
09 << 2018/10 >> 11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2016-01-23 (Sat)
初、経鼻内視鏡検査!

以下たたみます。

最初は口からの予定でした。
というのも、経鼻内視鏡の処置が多過ぎ。
両方の鼻の穴に消毒を2回、そしたゼリー状の麻酔を右鼻に注入2分、小さめのチューブを挿入2分、大きめのチューブ2分。

しかし、当日、口は嘔吐反射が強いという事を医者に伝えると鼻に急遽変更。

両方の鼻の穴に消毒を2回(喉奥に不味い液体が…)、そしたゼリー状の麻酔を右鼻に注入2分(既にここでオエッ)、小さめのチューブを挿入2分(ここでまたもやオエッ)、大きめのチューブ2分・・・無理・・・助けて・・・もう涙目。

診察台まで右鼻にチューブ挿したまま歩き、左側臥位になりチューブを抜き、いざ初鼻カメラ。

医者「こっちからだと入らないな~」
私「うっ・・・」
医者「こっちかな」
私「おえ・・・」
医者「これで入ってくよ」
私「おえおえおえ~ッッッ(泣」
お━━━━(∂△∂;)━━━━ωえッー!!!
医者「喉も麻酔しといた方がよかったかな」
私の心の声「最初に言ったでしょ!(泣」
涙は出てくるわ嘔吐き半端じゃない。
唯一看護師さんがずっと背中を擦ってくれてたのが救いでした。

まな板の鯉状態。
モニターをチラ見しては目を瞑り時が経つのを待つだけ。

以前、ピロリ菌の検査をした時、数値がちょびっとオーバーしたが検査の結果・・・
160123 経鼻胃カメラ

私の胃は綺麗らしい。
160123 胃カメラ

ポリープがあったけど、問題ないと言われました。
暫く検査の必要はないと言われました♪
160123経鼻胃カメラ

「咽頭・喉頭・声帯」
観察できる範囲で異状なし

「食道」
異常なし

「胃」
RAC(=正常粘膜で、ピロリ菌がいない場合の所見)を認め、粘膜萎縮は認めない

「十二指腸球部、乳頭部」
異常なし

「診断」
胃底腺ポリープ(そのままにして問題ありません)
胃癌になる危険性は低い。

しかし、胃痛があるのは事実。
その事を医者に伝えると「機能性胃腸症(FD)」ではないかと言われました。
胃の運動機能に障害が起こる事で胃のもたれや痛みを感じてしまう病気と知る事ができました。

これで一安心ヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★
あとは頻回に繰り返す感音性難聴をなんとかしないと(*´-ω-`)・・・


そそ、やっぱ鼻からだから鼻血がね・・・。
5分ほどで止まりましたが何年振りかしら、鼻血。
* Category : 病気
* Comment : (0) |
コメント:







管理者にだけ表示を許可する